様々な評判がある

花を持つ女性

西畠清順といえば名前を知っている人も多いでしょう。西畠清順がなぜ有名かといえば、日本人ではあまり行っていないような珍しいことをしているからです。いったいどのようなことしているかといえば、世界の植物を集めていることです。日本国内の植物を集めている人や世界中の植物を集めている人は珍しくありませんが、この人の場合は実際に現地まで行って植物を採集してくるのが特徴といえます。しかも安全なところではなく谷などの危険なところでも命をかけていくのが使命の一つとなっているのが特徴です。そのような理由から、植物を集める人の中でも珍しく注目されているのがポイントです。行動を追うためにテレビ番組の特集が組まれるなど、過去に何度も取材を受けています。

人にはない個性をもっている

アレンジメントフラワー

植物ハンターの西畠清順が注目されている理由の一つは、人にはない情熱を持っていることです。最近の日本人は昔に比べると情熱がなくなったといわれていますが、あることに夢中になれば情熱を発揮することを西畠清順は教えてくれました。西畠清順といえども、植物に出会うまではそこまで何かに対して情熱を注ぎこむ人ではありませんでした。むしろ平凡な人だったわけですが、ある時植物の面白さを知り、それから熱狂的に植物を集め始めたのです。

なぜ人気があるのか

花束

西畠清順が人気がある理由はいくつかありますが、そのうちの一つはほかの人が行わないことを限度なく行っているからです。西畠清順のように植物が好きな人は日本にたくさんいます。また、その中でも世界中の植物を集めている人もわずかにいるでしょう。ですが、命を顧みず危険なところに行ってまで植物を取りに行く人はほぼいません。竹取物語に出てくる山に植物を取りに行く人のような行動を実際に起こす人はほとんどおらず、それが周りの人からも注目され、やがて人気につながったといえます。

一般に開放している

庭

世界中の山や険しいところに行き植物をとってきた西畠清順が自分の趣味としてだれにも公開せずに植物を集めていたとすれば、たいして注目を浴びていないでしょう。「そういう趣味の珍しい人」といわれるだけです。しかし西畠清順の場合には、それをわざわざ一般に公開しているのが特徴といえます。植物園を運営しており、その植物園に世界中の植物を置いており一般の人でも見ることが可能になっています。日本ではなかなか見ることができない珍しい植物を見ることにより、植物が好きになる人もいるでしょう。このように多くの人に影響を与えているほど情熱を持っていることがテレビで取材をたくさん受けるほどの人気になっています。

広告募集中